ヒストリー

江戸時代

江戸時代末期
初代が分家をし、農耕を開始。

昭和

昭和30年代初め
農家の5代目。現代表の父が牛10頭を飼育し始めたのが酪農を始めるきっかけとなる。
昭和50年代初め
10頭だった牛を30頭に増やした。
昭和50年代後半
この頃はまだ酪農と稲作をやっていたが、稲作の自由化や減反政策により稲作での収入が激減。
酪農1本でやっていくことを決断する。

平成

平成9年
現代表が父から6代目として事業を引き継ぐ。
平成11年
「有限会社ハッピーヒルファーム」を設立。
平成12年
現住所にフリーストール型の牛舎を新築。牛も40頭から108頭に増やす。
平成24年
取引方法を自主出荷へ切り替える。
平成30年
現代表が「協同組合GROW夢」を8件の農家と共に立ち上げる。
育成乾土分娩牛舎を建設。

令和

令和元年
今に至る
  • 上空写真
  • 牛舎
  • 牛